記事の詳細

みずほ銀行カードローンは借入限度額が1,000万円まで利用できる便利な商品です。銀行系カードローンなので、総量規制対象外になっていて年収による借入額を規制されることがありません。

またみずほ銀行の住宅ローンを利用している方は、カードローン金利が設定数値より0.5%引き下げて適用されるので非常にお得です!


みずほ銀行のカードローン
(みずほ銀行の公式サイト)




WEB完結申込
インターネット経由からの申し込みにおいて、みずほ銀行に普通預金を持っている方は契約に必要な本人確認書類や収入証明書等の提出が不要になりました。

郵送や来店をする必要がなくなり、「WEB完結申込」によって、利便性が高いカードローンです。




2種類から選択
みずほ銀行のカードローンはカードローン専用型とキャッシュカード兼用型の2種類が用意されています。あなたの利用用途に合わせて選択しましょう。

1)カードローン専用型
カードを新規に発行して、自宅に到着後にカードローン口座から借り入れができます。専用のカードを新しく発行します。

2)キャッシュカード兼用型
みずほ銀行の普通預金キャッシュカードにカードローン機能を付加しているカードローンです。あなたが保有しているみずほ銀行のキャッシュカードをそのまま利用できます。


みずほ銀行のカードローン




申し込み方法

1)インターネットで申し込み
インターネットを利用して仮申し込み審査を受けることができます。インターネットからなら24時間いつでも申し込みが可能です。審査結果はメールで連絡されます。仮申し込みの審査結果の回答時間(月~金:9時~20時)で実施されます。また申し込みの時間帯によって、審査結果の報告が翌日以降になる場合があります。
※12月31日~1月3日、祝日、振替休日を除く

2)その他の申し込み方法
電話や携帯、郵送、さらにみずほ銀行の窓口、みずほダイレクトでもカードローンの申し込みを受け付けています。

3)必要書類
カードローンの申し込みの際に本人確認のための資料をコピーしてみずほ銀行に提出する必要があります。(本人確認のための必要書類例:運転免許証、パスポート、住民票、住民基本台帳カードなど)

また、希望借入額が100万円を超える方は年収を確認できる資料のコピーも必要になります。(年収確認のための必要書類例:源泉徴収票、住民課税決定通知書、課税証明書、納税証明書など)


みずほ銀行のカードローン



借り入れ方法
ATMやみずほダイレクトで利用することができます。利用可能ATMは、みずほ銀行ATM、コンビニATM・Enet、セブン銀行ATM、ローソンATMです。

キャッシュカード兼用型カードローンを利用している方は自動貸越機能も利用できます。



返済方法
カードローンの返済方法には自動引き落としと任意返済、みずほダイレクトでの取引が利用できます。

1)自動引き落とし
毎月10日に前月の10日現在のカードローンの利用残高を元に算出した金額を、あなたの返済用普通預金口座から引き落としする方法です。

2)任意返済
あなたの都合に合わせてATMで返済する方法です。ATMを利用した貸越利息の清算をすることはできないので注意してください。

3)みずほダイレクトでの取引
みずほダイレクトを利用している方はパソコンやスマートフォン、携帯電話、固定電話から返済することができます。パソコンやスマホなどのインターネット利用なら24時間受け付けをしているのでとても便利です。




利用借入額ごとの適用金利

利用借入額 適用金利
10万円~100万円未満 14.00%
100万円~200万未満 12.00%
200万円~300万円未満 9.00%
300万円~400万円未満 7.00%
400万円~500万円未満 6.00%
500万円~600万円未満 5.00%
600万円~800万円未満 4.50%
800万円~1,000万円以下 4.00%

※みずほ銀行の住宅ローンを利用している方は上記の金利から0.5%引き下げて利用することができます。





商品概要

申し込み対象者 20歳以上66歳未満で安定かつ継続した収入のある方
借り入れ限度額 1,000万円(本人に収入がなく配偶者の方に安定した収入がある方は上限が30万円)
金利 4.0%~14.0%(実質年率)
返済方式 残高スライド方式
遅延損害金 19.9%(実質年率)
担保・保証人 不要
契約期間 1年(1年ごとに審査の上、自動更新)
資金使途 自由(事業性資金は利用できません)





関連記事

Twitter

ページ上部へ戻る