記事の詳細

カードローンを申し込む際に自動融資を利用することができます。最近では自動融資機能を活用できるカードローンが数多く存在しています。


自動融資とは・・・

自動融資とは利用している預金口座に携帯電話料金の支払いや電気料金・水道代などの公共料金の引き落としなどに必要な金額が不足している際に、カードローンの借り入れ限度額の範囲内で自動的に不足分を追加の借り入れでカバーするサービスです。

この便利な自動融資機能を利用する前提として、キャッシングの返済用に設定している普通預金口座を、ほかの携帯電話料金や公共料金の引き落としの支払口座にしている場合に限ります。


カードローンの自動融資



自動融資の注意点

自動融資は引き落とし漏れの心配がなくなるので、とても便利なサービスですが、普通預金の返済口座の管理はしっかり行うように注意しましょう。

なぜなら、自動融資を利用することは追加のキャッシングをしていることと同様の行為であるからです。その結果、元金が増加して、金利負担も増大してしまいます。


カードローンの自動融資



自動融資を使わない状態がベスト

日頃から浪費癖がある方やお金の管理が甘い方は特に注意が必要です。そのような方はついついお金を使い過ぎて預金口座の残高が少なくなってしまった時期に、公共料金の引き落とし時期と重なって支払金額が不足して自動融資を利用してしまうケースが多いです。

やはり自動融資を利用しないで、あなた自身の口座にある金額の範囲内で毎月の公共料金などの引き落としができる状態にキープしておくことが大切です。




関連記事

Twitter

ページ上部へ戻る