記事の詳細

カードローンクレジットカードを日頃利用していない方は両者の機能の違いを明確に答えることができないかもしれません。

ここでカードローンとクレジットカードの違いを分かりやすく解説していこうと思います。



カードローンの性質

まずカードローンはお金の借り入れができる商品です。その借りたお金は基本的に何に利用しても問題ありません。(※事業性資金には使用できません)

カードローン会社は利用者がどのようにお金を使用したかを把握するのは困難です。そして、借り入れたお金は決められた金利を上乗せして返済していくことになります。





クレジットカードの性質

クレジットカードは信用決済で買い物ができる商品(サービス)です。買い物をする際にその場で商品代金を支払う必要がなく、後日支払うことができます。

支払方法は一括払いや分割払い、リボ払いなどから選択できます。一括払いの際には金利は付きませんが、分割払いやリボ払いにすると、決められた金利を上乗せして返済します。また一般的にリボ払いの金利の方がカードローンの金利よりも低くなっています。

買い物でクレジットカードを利用する度にクレジットカード会社にその利用情報が届くので、利用者がどのように使用したのかが把握されます。


カードローンとクレジットカード
(JCBの公式サイト)




カードローンとクレジットカードの大きな違い

つまり、クレジットカードは買い物の際に利用できる商品。そして、カードローンは自由にお金を利用できる商品です。

また借りられる金額(借り入れ限度額)も大きく異なります。カードローンでは銀行系カードローンの場合には500万円レベルまで借り入れが可能ですが、クレジットカードは100万円程度です。



両者の違いが曖昧に

カードローンとクレジットカードは違うものなのですが、上記のように、クレジットカードにもキャッシング機能が付いているカードが存在していて、両者の違いが曖昧になっているのも事実です。

クレジットカード会社が発行しているカードローン(信販系カードローン)も登場しています。最近ではDCカードやセディナのカードローンなどが有名です。

クレジット機能とキャッシング機能が両方付いている便利なカードなので、一枚のカードで両方の機能を手に入れたい方は信販系カードローンがお薦めですね!


カードローンとクレジットカード





関連記事

Twitter

ページ上部へ戻る