記事の詳細

カードローンを利用する際にあなたの希望借り入れ金額によって、収入証明書を提出しなければいけないことがあります。


収入証明書で返済能力をチェック

各カードローン会社は収入証明書を確認することで、あなたに返済能力があるかどうかをチェックしています。

例えば、100万円を借り入れようと考えている方がアルバイト勤務で、年収が120万円程度だとすれば、生活費だけで給料がなくなり、借入額を返済する余裕が全くない状態だといえますよね?

利用者が無理なく返済できる範囲の借入額かどうかを、利用者の年収で判断します。

そのため、カードローン会社は無理な借り入れによって返済が滞るのを未然に防ぐために収入証明書の提示を利用者にお願いしています。




必要になる収入証明書

1)源泉徴収票
会社が社員の給料から所得税を天引きして国に払った金額を示した証明書で、所得税の納税証明ともいえます。源泉徴収票は雇用主(企業)が作成して、従業員に渡されます。

2)給与明細書
文字通り、あなたが毎月受け取る給料の金額が細かく示されているものです。給与明細は基本給や各種手当といった給与項目によって構成されています。

3)その他
市民税・県民税決定通知書、課税証明書、所得証明書など


カードローンの収入証明書




収入証明書の提示が必要になる金額は各社で異なる

収入証明書の提示が必要な借入金額は各カードローン会社によって異なります。一般的に消費者金融系カードローンや信販系カードローンは50万円から提示する必要があります。一方、銀行系カードローンは100万円~200万円からの借り入れ審査の際に提示する必要があります。

例えば、消費者金融系のアコムなら50万円から提示が必要です。また楽天銀行のカードローンでは200万円から提示が必要になります。


カードローンの収入証明書
(アコムの収入証明書提出に関するページ)




銀行系カードローンは保証会社がついている

消費者金融系や信販系のカードローンと比較して、銀行系カードローンが100万円以下の低額な借り入れの場合に収入小経書の提示が不要なのは、保証会社をつけているためです。万が一、利用者が返済不能になっても、保証会社が代位弁済してもらえる仕組みがあるのが大きな理由になっています。

※代位弁済の関連ページ
<< カードローンにおける代位弁済の仕組みを詳しく解説!


一方、消費者金融系や信販系のカードローンは保証会社をつけていないので、利用者の返済が滞ると、ダイレクトに損失を被ることになります。

そのため、50万円を超える高額な借入額を希望するケースでは、銀行系カードローンよりもシビアに審査されます。




まとめ

借り入れる際の収入証明書の提出が煩わしいので、銀行系カードローンが良いと考えるかもしれませんが、低額の借り入れなら消費者金融系や信販系でも収入証明書は不要です。

高額な借り入れを希望するなら銀行系カードローン、お小遣い程度の金額をスピーディに借りたいなら消費者金融系カードローンが適しています。

あなたのカードローンの利用方法に応じてカードローンの商品を選択することが大切だといえます。


カードローンの収入証明書







関連記事

Twitter

ページ上部へ戻る