記事の詳細

カードローンの利用で注意しなければいけない点の一つに「名義貸し」という行為があります。今回はこの名義貸しという行為について詳しく解説していきます。


名義貸しとは・・・

そもそも名義貸しとは、何かの事情で登録・契約できない方のために、自分の名義を貸して登録・契約の手助けをする行為のことです。

カードローンの場合には、多重債務や自己破産の状態などの理由でカードローンの使用ができないために、第三者にお願いして名義を借りて、キャッシングを利用するための方法として使われるケースが多いです。



名義貸しの責任

カードローンの名義貸しの場合で、契約書に記載されるのは名義を貸した側の氏名です。つまり、法律的には名義を貸した側がその契約したカードローン商品における返済義務が発生します。

ただ名義を貸すだけだといって安易に了承すると、借りた方が返済不能になった場合にはその利用したカードローン会社から返済のための請求書が届くことになります。


カードローンの名義貸し



名義貸しを頼まれるケース

大半の名義貸しは知人や友人などに頼まれるケースが多いです。日常の人間関係が関わってきますから、実際に親しい人から頼まれるとなかなか断れない方も存在します。

しかし、上記のように名義貸しは名義を貸した側のリスクがとても大きい行為です。そして名義を借りる側もさらなる多重債務状態に陥る恐れもあるので、もし名義貸しを頼まれたら、絶対に断るようにしてください。



名義貸しアルバイト

最近では名義貸しアルバイトというような如何わしい詐欺手口が存在します。「名義を貸してくれるだけで15万円の報酬を支払います」というような文言で誘ってきます。

「名義を貸すだけで15万円貰えるのか!」と喜んで気軽に申し込むと、後日、名前も聞いたことのない怪しい消費者金融から100万円以上もの高額返済請求書が自宅に届くというような事例が数多く報告されています。




名義貸しの被害に遭ったら・・・

このように、名義貸しはとても危険な行為です。見知らぬ人はもちろんですが、友人などの知り合いからでも絶対に名義貸しをしないように注意してください。

万が一、あなたが名義貸しをしていて、返済請求書が届くなどの問題が起こったなら、まずは貸金業者協会に相談するようにしてください。また、警察への被害届を出すことも忘れないでくださいね!


カードローンの名義貸し
貸金業者協会の公式サイト





関連記事

Twitter

ページ上部へ戻る