記事の詳細

急な飲み会やデートなどでお金が必要になった時に便利なのがカードローンです。カードローンの中にはスピード審査によって、最短で即日融資が可能な商品も数多く存在しています。

最短で即日融資が可能な商品であっても、即日に融資できないケースもあります。即日融資が可能な場合と翌日になる場合とでは一体何が異なるのでしょうか?

今回は即時融資でカードローンを利用するためのポイントを紹介します。



申し込み審査の時間帯を早めに

まず即日融資を実現させるためには申し込み審査(仮審査)をできる限り早い時間帯に終わらせることが大切です。基本的にカードローンの契約は【 申し込み ⇒ 審査 ⇒ 本人確認 ⇒ 契約 ⇒ 融資 】という流れになっています。

※カードローン審査についての関連ページ
<< えっ!カードローンには借審査と本審査があるの?



例えば、あなたが午後6時以降など遅い時間に申し込み手続きをしても、各カードローン会社は営業時間外になっていて、申し込み手続きが完了しないことがあります。時間的に即日融資は不可能になります。

つまり、即日融資がしたいなら、できる限り申し込み手続きを早く終わらせなければいけません。特に最短で即日融資が可能な商品はサイト上に「申し込み手続き完了が午後2時までの方」などと記載されています。


カードローンの即日融資
(即日融資が可能なアコムの公式サイト)




インターネットから申し込み

そして、インターネットを上手に利用することも大切です。特にインターネットからの申し込みはとても便利です。24時間いつでも申し込むことができ、わざわざ営業店舗まで来店する必要がありません。

また、仮審査を自動で実施している会社も多く、スピーディに審査結果を教えてもらえます。そのため、インターネットからの申し込みは、電話やFAXなどの他の申し込み方法と比較して、融資までの時間が大幅に短縮させることが可能になります。



多額な金額を希望しない

即日融資を実現させるためには多額な借入金額を希望しないこともポイントになります。カードローンでは多額の借り入れの際には収入証明書の提示が必要になります。あなたの給与明細や確定申告書などのコピーをカードローン会社に送って、審査を受けなければいけません。

つまり、収入に関する審査時間がかかるので、即日融資が難しくなります。収入証明書の提示が必要になる借入金額は各カードローン会社で異なりますが、10~20万円程度借入なら収入証明書の提示は必要ありません。


カードローンの即日融資




関連記事

Twitter

ページ上部へ戻る