記事の詳細

銀行系カードローンでは、「担保・保証人が不要」で利用することができる商品が多いです。そして、申し込み対象者の項目に「当銀行所定の保証会社の保証を受けることができる方」という文言が記載されています。

クレジットカード会社や消費者金融会社などが保証会社となっているカードローンが存在します。

例えば三菱東京UFJ銀行のバンクイックならアコムが保証会社に、みずほ銀行のカードローンならオリエントコーポレーションが保証会社になっています。


カードローンの保証会社
(三菱東京UFJ銀行の公式サイト)




保証会社の仕組みが確立された経緯

平成22年に完全施行された貸金業法の改正やグレーゾーン金利が撤廃になりました。その影響で金利の減少や過払い金の請求の増加などで、カードローン商品の利幅が少なくなってしまい、経営が圧迫されていきました。

その結果、消費者金融系カードローン会社が単独で経営することが困難になってしまいました。当時、経営体力のない中小の消費者金融会社が数多く倒産するニュースが報道されました。

消費者金融系カードローン会社は大手銀行の金融グループの傘下に入り、その銀行のキャッシング業務の一部として機能することで生き残る道を選んだという経緯があります。


カードローンの保証会社
(日本賃金業協会の公式サイト)




銀行が保証会社をつける理由

なぜ銀行は保証会社の保証を付ける必要があるのでしょうか?それはお金を貸し出す際に、利用者が返済ができずに貸し倒れに陥ることを危惧している為です。

大半のカードローンでは担保・保証人が不要になっているので、保証会社に利用者の連帯保証人となってもらうことによって、万が一の貸し倒れのリスクを防ぐことが可能になります。





銀行側に大きなメリットがある仕組み

保証会社はカードローンの審査と債権の保全を担当します。例えば、三菱東京UFJ銀行のバンクイックを利用していて、返済ができなくなると、三菱東京UFJ銀行の担当者が返済通知をするのではなく、保証会社のアコムから返済通知が届きます。

つまり、銀行が保証会社として消費者金融や信販会社などと契約することで、それらの企業が蓄積してきたノウハウをそのまま活用できるというメリットがあります。

申し込み審査や顧客管理、さらには債権管理などの幅広い業務を保証会社に任せることができるため、銀行側にとって非常に大きなメリットがある仕組みだと言えます。

カードローンの保証会社




関連記事

Twitter

ページ上部へ戻る