記事の詳細

現在、日本国内に存在するカードローンは銀行系、消費者金融系、信販系の3つのタイプに分かれています。それぞれのタイプのカードローンには異なる特徴があり、あなたのライフスタイルや希望融資額などによって、どのタイプが適しているかが変わります。

今回は消費者金融系カードローンメリットデメリットをわかりやすく解説します。


メリット

1)審査がスピーディ
申し込み審査に必要な書類が少ないので、審査もスピーディで急にお金が必要な時に重宝します。運転免許証や保険証があれば審査手続きが可能です。中には申し込んだ当日から借り入れることができる企業もあります。

2)会員サービスが充実
基本的に消費者金融系カードローン会社は個人向け融資メインの会社なので、登録した方を対象とした会員サービスが充実しているところが多いです。

3)上限金利が明朗化された
貸金業法が改定されたことによって、今まで不透明だった上限金利も明確化されたことで安心して借り入れできるようになりました。



デメリット

1)総量規制対象内
総量規制対象になっているので、年収の3分の1以上の借り入れができません。例えば、年収240万円の方なら、80万円までになります。しかし、カードローンで80万円以上を借り入れるケースなどなかなかないと思います。

2)金利が高め
銀行系や信販系と比較して金利が少し高くなっている商品も存在します。金利が高いといっても10%以上もの大きな数値の開きではなく、数%程度なので、短期間の借入ならそれほど影響がないといえます。

3)借り入れに抵抗がある
消費者金融系という呼び名のため、お金を借り入れることに対して抵抗を感じる方も存在します。



まとめ

消費者金融系カードローンは気軽に少額を借り入れたい方に適したローンサービスです。給料日前に予定外の出費でお金が足りなくなった際などに即日融資を利用するととても便利です。

使い勝手で選ぶなら、やはり消費者金融系カードローンがおすすめだと言えますね^^








関連記事

Twitter

ページ上部へ戻る