記事の詳細

カードローンの審査には仮審査本審査の2段階になっています。審査を2つに分けることで審査結果が出るスピードが格段にアップすることが可能になります。

ここで、この仮審査と本審査をわかりやすく解説していきます。



仮審査の仕組み

カードローンの仮審査の基準は融資が可能かどうかを判別するために実施されます。簡単に言えば、機械が自動的に審査する簡易審査です。

インターネットで申し込みをする際に必要な項目を入力する仕組みになっています。その際に仮審査が実施されるんですね!各カードローン会社の基準が設定されていて、その基準をクリアした方のみ本審査に移行するようになっています。


カードローン



本審査の仕組み

1)生身の人間が審査

仮審査を通過すれば、本審査に移ります。仮審査は機械(コンピュータ)が実施しますが、本審査は生身の人間が担当します。

この本審査で実施される審査は仮審査の内容が真実かどうかを確認するために行われます。個人情報の正当性が確認するために必要書類の提出が求められます。

各カードローン会社によって確認事項は異なりますが、一般的に「他社で借り入れをしていないか?」、また「借り入れをしている際はどの程度の返済残高があるのか?」、「滞納などのトラブルを起こしていないか?」、「過去に何社の会社から借り入れをしたことがあるのか?」などが確認されます。



2)在籍確認手続き

本審査の代表的な手続きが在籍確認です。あなたの勤め先に電話がかかってきます。カードローンを申し込むのを知られたくないという方も大勢いますので、電話では「借入審査のお電話です」とは担当者も伝えません。安心してください^^

また100万円以上を借り入れる際には、収入証明を提出する必要があります。収入証明が申し込み金額に相応しい内容か否かを審査されます。


カードローン




詳しい内容は各公式サイトで確認しよう

この本審査を見事にクリアすれば、カードローンで借り入れが可能になります。

それぞれの会社で仮審査と本審査の手続きが多少異なるので、申し込み先の公式サイトなどで詳しい内容を確認してくださいね!




関連記事

Twitter

ページ上部へ戻る