記事の詳細

最近ではインターネットを利用してカードローンを申し込むことができる商品が数多く登場しています。

カードローンを申し込む際の記入項目に他社からの借入件数を入力する箇所があります。



借入件数が多ければ審査に通らなくなる

他社からの借入件数や借入金額が多ければ多いほど審査に通らなくなる可能性が高くなります。

そのため、現在、他社借り入れをしていて、新しくカードローンを作ろうと考えている方の中には借入件数を実際よりも少なく記入したり、入力しなかったりするケースが多々あります。


カードローンの借入件数



あなたの借入情報は各カードローン会社は知ることができる

申し込む側は「他社にどれくらい借りているかなんてわからないだろう」と思っていますが、各カードローン会社は信用情報機関からあなたの借入データを閲覧することができます。銀行系や信販系、消費者金融系にかかわらず、データの閲覧が可能です。

それは利用者が多重債務者に陥らないように、各金融機関同士で借入利用者の情報を共有できる仕組みを作ったためです。




借入情報は正確に申告しよう

正確な情報を記載していないことが判明した場合には、借入限度額を通常よりも低く設定されてしまったり、最悪の場合には審査自体に通らなくなる恐れがあります。

そのようなことにならないためにも、借入情報は正確に申告することがカードローン会社から信頼を得るためにも重要なことです。




各信用情報機関であなたの借入情報を把握できる

もし現在あなたが他社から借り入れている件数や借入額が把握できなければ、各信用情報機関からあなたの借入情報を収集することが可能です。詳しい方法や各信用情報機関の公式サイトなどで確認してください。

代表的な信用情報機関は全国銀行個人信用情報センター、日本信用情報機構、シーアイシーです。


全国銀行個人信用情報センター
(全国銀行個人信用情報センターの公式サイト)




できる限り借入件数を減らそう

借入件数が多い場合は、できる限り借りたお金を完済して、借入件数を減らしてから新しいカードローンに申し込みましょう。借入金額を完済していれば、以前に契約していても借入件数にはカウントされません。

どんなに魅力的で使いやすいカードローンがあっても、まずは現在借りているお金を返済することを優先してくださいね!


カードローンの審査



関連記事

Twitter

ページ上部へ戻る