記事の詳細

キャッシング・カードローンの審査では仮審査をクリアすると本審査に移ります。本審査では本人確認が実施されます。


個人名で電話連絡されます

本人確認とは、申し込み時に入力した勤務先などを確認するための手続きです。申し込み者のプライバシー保護の観点から勤務先にはカードローン会社だということやカードローンの申し込みに関することは伏せて担当者の個人名などで連絡が入ります。

あなたに直接取り次いでもらえたり、営業先に出ている旨など、勤務先からあなたが在籍している情報が入手できれば何も問題なく、本人確認が終了します。


カードローンの本審査




勤務先によっては取り次いでもらえない場合も

しかし、企業によっては突然の個人的な電話を怪しんで「そのような名前の方は弊社には在籍しておりません」や「個人情報保護のためお答えできません」などと対応するところもあるようです。

あなたがそのように対応する企業に勤めている場合には、カードローン会社の担当者からあなたの携帯電話にそのことを伝えてくれることが多いです。担当者からの連絡がなければ、本人確認が不十分で審査に落ちることもあります。




社員証や給与明細で対応

上記のようなケースでは、あらかじめそのことをカードローン会社に伝えておくことも大切になります。中には社員証のコピーや給与明細のコピーを提示することで本人確認として対応してくれるカードローン会社も存在します。

ただし全てのカードローン会社が対応してくれるわけではないので、申し込む際にあらかじめ確認しておくことをお薦めします。


カードローンの本審査



あらかじめ電話担当者に伝えておこう

また電話を取り次ぐ担当者の方がいるなら、あらかじめ数日以内に在籍確認の電話がかかってくるかもしれないことを伝えておくことも有効な方法です。

カードローンの申し込みとは言い難い場合にはクレジットカードの申し込みだと伝えておけばよいと思います。

せっかく仮審査を通ったのに本審査の本人確認で審査に落ちないように、今回紹介した対処法を上手に活用してくださいね^^



関連記事

Twitter

ページ上部へ戻る