記事の詳細

今までにカードローンを利用している方が新たにカードローンを借り入れる際に審査を受ける前に注意しなければいけないことがあります。それは通常の新規の申し込みとは異なり、「他社借り入れ」をしている状態になるということです。



審査基準が厳しくなる

一般的に他社借り入れをしている方は、新規で初めて審査を受けるよりも審査基準が厳しくなると言われています。

ここで注意しておいてほしいのは、カードローンを所持していても全然借り入れていない方や完全に返済が終わっている方は上記には当てはまりません。つまり、申し込み時点で、他社からの借入件数と借入残高がどれくらいあるのかということが審査のポイントになります。


他社借り入れ



総量規制に注意しよう

カードローンを利用する際には総量規制によって、年収の3分の1を超えてお金を借り入れることはできません。定職に就いている方で複数のカードローンを利用している方が審査に落ちるのは、この総量規制にひっかかっていることが多いです。

総量規制の対象になっているのは、信販系カードローンと消費者金融系カードローンです。一方、銀行系カードローンは総量規制外になっているので、審査にクリアさえすれば、年収の3分の1を超える金額を借りることも可能です。




審査基準は公表されていません

実際に他社借り入れでも審査に通過している方も大勢います。各カードローン会社の審査基準は一定ではなく異なっています。

同じ条件でも審査に通る会社と通らない会社があることもあります。そして、この審査基準は公開されていないのが実状です。



正直に情報を申告しよう

他社借り入れをしていて新たにカードローンを利用するなら、嘘はつかずに借入件数や借入金額などを正直に申告しましょう。あなたの借入金額は信用情報機関に登録されているので、審査の際には結局バレてしまいます^^;

ウソの申告をして借り入れを拒否されてしまうと、「申し込みブラック」になる恐れがあります。他社借り入れをする際はこれらの上記のことを注意して借り入れ審査に臨んでください!



他社借り入れ





関連記事

Twitter

ページ上部へ戻る