記事の詳細

カードローンを申し込む際に気になるのが審査に通るかどうかという点です。

過去に金銭トラブルがなく、住所や勤め先の情報も正確で安定した収入を稼いでいる方なら大半の商品の審査には通ると思います。

ここで少し審査項目に関して具体的に見ていきましょう。



年齢確認

まず初めに各商品の年齢的な要件をクリアしているかを確認してください。多くのカードローンは20歳を超えた方を対象にしています。もしあなたが学生なら、学生ローンの申し込みを検討すると良いです。


情報の信頼性

あなたが申し込む際に記入する情報の信頼性も審査されます。例えば、固定電話の番号ではなく、携帯電話番号を記入したり、免許証がない方、さらには勤め先の在籍確認ができないケースでは審査が通らないことがあります。


総量規制

他社からお金を借り入れている際は総量規制という問題に注意しましょう。あなたが借り入れることができる金額は年収の3分の1までの範囲内と決められています。総量規制は他社のカードローンの借入額を合計した金額で算出されます。複数のカードローンを利用する際は総量規制をチェックしてください。審査が通らないケースで特に多い要件の一つと言われています。


審査



短期間に複数のカードローンに申し込んでいる

基本的に複数のカードローンを申し込んでいても問題はありません。しかし、短期間に複数のカードローンを申し込む行為は要注意です。特に半年の期間に3社以上カードローンを申し込んだら他社の審査に通らないと言われています。


ブラックリストに載っている

これまで過去に3ヶ月以上の支払い滞納や債務整理、自己破産などを経験したことがある方は、ブラックリストに入ってしまいます。ブラックリストに載ってしまうと、審査に通ることはありません。また家族内にブラックリストに載っている方がいても審査に通らないことがあります。ブラックリストから外れるまでには通常5年~8年程度の期間を要します。まずはブラックリストに載らないように気を付けることが大切です。


各会社によって審査基準はさまざま

上記の項目が主な審査基準になります。これらは各カードローン会社によって審査基準は異なります。銀行系や信販系、消費者金融系によって審査の厳しさが異なります。

まずはここで紹介した項目を確認して問題がなければ、一度審査を申し込んでみてください^^


審査



関連記事

Twitter

ページ上部へ戻る