記事の詳細

キャッシングを利用する際、インターネットでサイトを閲覧していると「カードローン」と「フリーローン」という言葉を目にしたことがある方も多いと思います。

同じようなイメージの商品であるカードローンとフリーローンですが、その違いは一体どの点にあるのでしょうか?



フリーローンとは

簡単に説明すると、フリーローンとは借り入れたお金を自由に使用できるローンのことをいいます。しかし実際はフリーローンを申し込む際に、資金の使い道を担当者に伝える必要がある商品もあります。

カードローンでも基本的に資金使途が自由なので、フリーローンの一種に含まれるような気がしますが、全く同じ意味ではありません。


フリーローン
(ちば興銀のフリーローン)



カードローンとフリーローンの違い

カードローンとフリーローンの大きな違いは、追加の融資ができるか否かです。例えば、カードローンなら利用限度額の範囲内なら審査を受けずに何度でも利用することができます。

一方、フリーローンでは一度借り入れると、返済しながら追加で融資を利用することはできません。新たに利用する際には再度審査を受けて金銭消費貸借契約をその企業と結ぶ必要があります。




フリーローンのデメリット

上記のようにフリーローンでは借り入れる際に再度審査を受ける必要があるので、キャッシングを利用するのに手間がかかるというデメリットがあります。

つまり、使い勝手の面ではカードローンが断然お薦めだといえます。




フリーローンのメリット

フリーローンにもメリットがあります。金利面で比較すると、同じ会社がカードローンとフリーローンを発行しているケースでは、フリーローンの方が低いことが多いです。

それはフリーローンの方が何度も借り入れができないことが大きな要因です。利用者が無理な借り入れをするリスクが低くなるので、融資額を回収できる可能性が高いと判断して、カードローンよりも金利が低く設定されるためです。


フリーローン



まとめ

カードローンとフリーローンを比較すると、利用限度額の範囲内で自由に利用できるなどの使い勝手の良さにおける面で、やはりカードローンがお薦めだと思います。

上記で金利面で不利だと解説していますが、それほど大きな差はなく、カードローンでも金利が低い商品は数多く存在します。

また、あなたが一度だけキャッシングを利用したいなら、フリーローンでも何も問題ありません。つまり、「あなたがどのように利用したいか?」という点が選択の大きなポイントになります。





関連記事

Twitter

ページ上部へ戻る