記事の詳細

カードローンは銀行系カードローン、信販系カードローン、そして消費者金融系カードローンの3つに分類できます。

それぞれのカードローンを比較していると、銀行系カードローンと消費者金融系カードローンの金利の数値が大きく異なることがわかると思います。



銀行系の方が金利が低い

一般的には銀行系カードローンの方が消費者金融系カードローンよりも金利が低く設定されています。ちなみに信販系はその間くらいになっています。

なぜ銀行系カードローンの金利が低く設定できるのでしょうか?



借り入れ限度額の違い

その大きな要因の一つが借り入れ限度額の違いです。消費者金融系カードローンの限度額は50万円~100万円程度の商品が大半で、プロミスが300万円、モビットが800万円になっているくらいです。

一方、銀行系カードローンの借り入れ限度額は500万円以上に設定されていることが多いです。みずほ銀行のカードローンでは最大1,000万円まで借り入れることが可能です。

つまり銀行系カードローンでは、借り入れ限度額が高額に設定できるため、金利を低く抑えても十分に利益が獲得できるようになっています。


みずほ銀行カードローン




ビジネスモデルの違い

消費者金融系カードローンではカードローン単体での収益で経営をしています。一方、銀行系カードローンはカードローンだけでなく、企業への貸し出しや投資信託、両替などさまざまなビジネスで収益を獲得しています。

カードローン以外が占める収益のウエイトが大きいので、カードローンの金利をそれほど高く設定しなくても問題がありません。




保証会社の有無

銀行系カードローンには保証会社がついています。利用者が返済不能になった際に、利用者の代わりに保証会社が返済してくれる仕組みになっています。

融資したお金は必ず戻ってくるシステムになっているので、貸し倒れによる損失をカバーするために、金利の上乗せをする必要がないことも、銀行系カードローンの金利が低い理由と考えられます。

※保証会社の関連ページ
<< 銀行系カードローンが保証会社をつける理由


銀行カードローンの保証会社




低額の借り入れなら消費者金融系でも問題ない

上記のように銀行系カードローンの方が金利が低くてお得ですが、低額の借り入れなら、消費者金融系カードローンと銀行系カードローンの金利にはそれほど差がない場合が多いです。

また消費者金融系カードローンはスピーディかつ柔軟な対応をしてくれるので、他のカードローンよりも利便性の面で優れています。

高額の借り入れを希望するなら、銀行系カードローン。そして、お小遣い程度のお金をスピーディにキャッシング利用をしたいなら消費者金融系カードローンが適していると言えます。

あなたの利用方法に応じてカードローンを選択することが大切になりますね^^





関連記事

Twitter

ページ上部へ戻る