記事の詳細

2014年5月9日、ジャックスが東邦銀行と提携して無担保ローン新商品「東邦・太陽光発電システムローン」の保証業務を開始するというニュースが届きました。

ジャックスの提携先である東邦銀行は、福島県福島市に本店がある地方銀行で東北地方で第2位に規模を誇ります。


ジャックス
(ジャックスの公式サイト)




東邦・太陽光発電システムローンの商品概要

「東邦・太陽光発電システムローン」は融資金額の上限額は1500万円に設定されていて、融資期間は最長20年と長期間に渡る借り入れが可能になっています。

また、固定価格買取制度(FIT)を活用して、低圧線に系統連系した小規模な太陽光発電所の建設を想定しているとしています。




申し込み対象者

申し込み対象者となるのは、満20歳以上65歳以下で、勤続年数が2年以上かつ安定・継続した収入が見込める方です。

また、東邦銀行の営業エリア内に居住または勤務先があり、団体信用生命保険に加入できることなどと決められています。自営業者の方は1,000万円までの借り入れ限度額になります。




太陽光発電のニーズは増加傾向

東日本大震災以降、太陽光発電のニーズは高まっていて、自宅に設置する方も増加しています。設置費用は小規模の設備でも300万円以上と高額になりますが、その後は発電により電気を無駄なく利用でき、さらに余った電力を買い取ってもらうこともできます。

太陽光発電は設置場所によって、発電効率が大きく変化します。太陽光発電を設置しようと考えているなら、まずは専門業者に相談してみましょう。







関連記事

Twitter

ページ上部へ戻る