記事の詳細

終身雇用時代が終わり、転職をすることが珍しくはない時代になっています。転職したばかりの時期では何かとお金が必要になることが多いです。その際、カードローンを利用して不足しているお金を賄う方もいるかと思います。

「転職して間もない時期にカードローンの審査に申し込むと、なかなか審査に通らない」という話を耳にすることがあります。

実際に転職することはカードローンの審査に影響するのでしょうか?



勤続年数が審査に影響する商品もある

基本的にカードローンの審査では、生年月日や住所、年収などをチェックされます。中には勤務先や職歴も記載する商品も存在します。

また、「勤続年数が3年以上」など申し込む際に条件が設定されているカードローンもあります。


カードローンの審査




勤続年数が1年未満の場合は不利になることも・・・

カードローンの申し込み対象者の項目に「安定した収入がある方」という記載がされている商品が多いです。

この「安定した収入がある方」というのは、定職に就いている人や長期のアルバイト・パートをしている方を対象にしているということを意味しています。

そのため、転職して間もない期間では「安定した収入がある方」とみなされないケースがあります。各カードローン会社の審査基準によって異なるので、明確には答えることはできませんが、一般的に勤続年数が1年未満の場合は、審査に不利になることが多いです。





大企業や公務員に転職する際は問題ない

一方、知名度がある大企業や公務員に転職するケースでは審査に不利になることはありません。逆に以前に勤務していた時よりも有利に働くこともあります。

つまり、あなたが安定している環境で働いているかどうかを担当者はチェックしています。


カードローンの審査




希望融資額を低く記載して申し込もう

上記のように、転職して間もない時期でのカードローンの申し込み審査は不利になることがあります。

そのため、転職する前にカードローンの審査を申し込むことが得策です。転職する前の企業での勤務期間や年収が審査基準の対象になるためです。

転職してしまった後で、どうしてもお金が必要な際には、希望融資額をできるだけ低く設定して審査を申し込むことをお勧めします。希望融資額を低くすることで、審査基準が緩和されるためです。

転職してカードローンを申し込む際は、ぜひ今回紹介した注意点やポイントを参考にしてくださいね^^









関連記事

Twitter

ページ上部へ戻る