記事の詳細

最近カードローン利用する方が増えています。しかし、その一方で、高金利や嫌がらせ、取り立てなどのマイナスイメージを抱いている方も大勢います。

実際のところ、カードローンを利用する行為は本当に危険なことなのでしょうか?



法律の改正

2010年の「貸金業法」の改正によって、ローンに関するルールが大きく変わりました。改正貸金業法とは、貸金業者からの過剰な貸付けや返済能力を超える借り入れを防止して、利用者が貸金業者から安心してお金を借りることできるための法律です。

そのため、無理な貸し付けや高金利、さらには嫌がらせを含む取り立て行為が明確に禁止されたことで利用者が安心してお金を借りる環境が整っています。


貸金業法の改正



インターネットの普及で利便性が向上

パソコンやスマホから簡単にカードローンを申し込むことができ、申し込み時間によっては最短で即日審査・即日融資が可能な商品も登場しています。そして日本全国ATMでお金を借りることができます。このように簡単にカードローンを発行していつでも利用できるので、より多くの方が利用しています。



使いやすさには注意

上記のように使いやすいカードローンですが、その一方、気軽に借り入れることができるので知らない間に借入金額が増加して返済することが困難になってしまうケースもあります。最悪の場合には多重債務や破産なども考えられます。そのため、カードローンを利用する際はしっかりと返済計画を確認してからにしましょう。


ATM



ヤミ金業者の存在

安全性が高くなったキャッシング・カードローンですが、今でも違法なヤミ金と呼ばれる業者が存在しているのも事実です。

カードローンを申し込み際にはその商品の公式サイトを確認して信用できる企業かどうかをチェックすることも大切です。大手銀行や大手クレジット会社、さらにはテレビCMをしていている企業のカードローンなら信頼性が高く、安心して利用できます。




まとめ

このようにカードローンは利用方法と利用商品の選択を間違わなければ、とても便利で安全な商品といえます。当然ですが、借りたお金は利息を含めて絶対に返済しなければいけません。

どうしてもお金が必要で、返済のめどが確実に立っている時のみ利用するように心がけることが何よりも大切だと言えますね^^


カードローンの利用



関連記事

Twitter

ページ上部へ戻る