記事の詳細

カードローンを申し込む際に心配になるのが、家族勤め先の会社にバレないかということだと思います。お金を借りるという行為はデリケートな問題なので、多くの方が心配に感じるポイントの一つです。

最近では、在籍確認不要や利用明細はWEBのみなどで利用できる商品が増えてきています。そして各カードローン会社もそのような点には十分考慮しています。


勤め先にバレることはありません

申し込みの際の在籍確認では担当者の個人の電話番号から「お忙しいところすみません。~と申しますが、○○様はいらっしゃいますか?」という具合に連絡してくれるので、勤め先の会社にバレることはないと思います。


会社



郵送物の開封のリスク

一方、勤め先よりも家族にバレるリスクの方が高いです。それは郵送物が自宅に届いた時です。大手の場合は「○○事務局」としてカードローン会社ということは伏せて郵送されるので、郵送先からはバレることはありません。

一人暮らしをしている方なら全然問題はないのですが、家族と同居している方なら郵送物が自宅に届くと家族の方が勝手に開封していしまう恐れがあります。

そのような恐れがある方は、本契約を店舗で実施することでリスクを防ぐことができます。



計画通りに返済できない場合

返済ができない場合にバレるリスクが一番高いです。返済の遅れなどが2度以上続いてしまうと確認の連絡が入ることがありますが、初めのうちはあなたの携帯電話に連絡が入ります。

しかし、悪質な滞納だと判断されれば、自宅に電話連絡が入ることもあります。


家族



無理のない範囲で借り入れをしよう

計画通りに返済しておけば、カードローン会社を名乗って家族や勤め先に連絡が入ることは絶対にありません。あなた自身がしっかりと借りたお金を返済することが何よりも大切です。

カードローンを申し込む際は無理のない範囲で借り入れるようにしてくださいね^^




関連記事

Twitter

ページ上部へ戻る