記事の詳細

カードローンでキャッシングを利用すると、毎月決めれられた金額を返済していかなければいけません。

もちろん、返済期日にきっちりと返済するのが大前提ですが、もしも返済期日に遅れてしまったらどうなるのでしょうか?



まずは連絡しよう

返済日に返済できないとわかった時点で、できるだけ早く利用しているカードローン・キャッシング会社に連絡をしましょう。そして、返済できる日が明確であるなら、そのこともしっかりと伝えることが大切です。

一般的には、一回くらい返済期日に遅れる程度なら、それほど問題にはならないと思います。



担当者からの電話連絡

上記のように事前連絡をしないで返済期日に返済をしなければ、利用しているカードローン・キャッシング会社から電話連絡がきます。

自宅や勤務先に電話がかかってくる場合は、会社名ではなく個人名で電話をしてくれるので安心してください。担当者から電話がかかってきたら、返済が遅れた理由といつ返済できるかを伝えましょう。

カードローン会社側にとっては、「いつ返済できるか?」が一番聞きたいことなので、あなたの話を聞いて、納得してもらえればそれでオッケーです。

反対に、返済の催促だと思って、カードローン会社からの電話に出なければ、あなたが出るまで何度でも電話がかかってきます。そのため、カードローン会社からの電話には誠実に対応するようにしてください。


カードローンの返済期日



遅延損害金が発生

2~3日程度の遅れなら通常の金利で返済できる会社が多いです。しかし、返済期日から1週間以上になると通常の金利ではなく、遅延損害金で設定された金利で返済しなければいけなくなります。

これらの仕組みは各カードローン・キャッシング会社ごとに異なっているので、いつから遅延損害金の金利に切り替わるのかは一概には言えません。また、事前に返済が遅れることを連絡することで、遅延損害金を支払わなくてよいケースも多くあります。




あなたの信用が低くなる

返済期日にちゃんと返済できなければ、あなた自身の信用に傷がつきます。1回くらいの返済の遅れ程度なら問題はありません。

しかし、何度も返済が遅れたりすれば、借入限度額が低く設定されたり、新たにキャッシングを利用することができなくなる恐れがあります。


カードローンの返済期日



返済できる範囲内で利用することが大前提

このように、カードローンでキャッシングを利用する際には、設定された返済期日内にきっちりと返済していくことが何よりも大切です。

計画的に返済できる範囲内で、無理な借り入れはしないように気を付けて利用しましょうね!





関連記事

Twitter

ページ上部へ戻る