記事の詳細

カードローンを利用する際に、カードローン会社から自宅や勤務先に電話がかかってくることがあるのか心配になることがあります。

ここでカードローン会社から自宅に電話がかかってくることがある代表的なケースを紹介します。


返済が滞っているケース

電話連絡が一番多いケースは、借り入れをした金額を返済しなければいけない期日を過ぎても返済していない場合です。基本的には返済期日を過ぎた後、2、3日以内に携帯電話にかかってくることが多いです。

しかし、返済の催促だと思って携帯電話にかかってきた電話に何度も出なかったり、返済滞納を継続していると、最終的に自宅や勤務先に電話がかかってきます。

返済ができない状況なら、正直にカードローン会社に相談するようにしてください。

そして、返済期日を過ぎていて、利用しているカードローン会社から携帯電話にかかってきた際に電話に出れなかった時には、こちらから再度かけ直す方が賢明です。


電話



営業電話のケース

そして、カードローン会社から電話がかかってくるケースで多いのが営業電話です。例えば、借り入れ限度額が増額の提案などの要件です。

「借り入れ限度額を増やすことができます。」と電話がかかってきて、増額の審査を受けるか否かを聞いてくることがあります。

借り入れ限度額が増額すると、その分金利が低くなるので、よくカードローンを利用する方にとってはお得です。

しかし、最近ではインターネットが普及しているので、メールでの営業が一般になっています。実際に営業電話がかかってくることは少なくなっています。


電話



携帯の番号やメールアドレスが変わったケース

登録している携帯電話の番号やメールアドレスが変わった際などに携帯電話やメールで連絡がつかないケースに自宅に電話がかかってくるケースがあります。

上記で紹介した返済の遅れや営業のために連絡しようとしたら、連絡ができない状況のため、連絡先の確認のために担当者の方が自宅に直接電話をかけてくることがあります。

もし、携帯電話の番号やメールアドレスを変更したら、早めに利用カードローン会社に報告しましょう。




関連記事

Twitter

ページ上部へ戻る