記事の詳細

カードローンの返済方法に「残高スライドリボルビング方式」という方法があります。

多くのカードローン会社で採用されている返済方法ですが、初めてカードローンを利用する方はこの「リボルビング」という聞きなれない言葉に戸惑ってしまう方も存在します。このリボルビング払いとは、カードローンだけでなく、クレジットカードの利用でも採用されている返済方法です。

今回はこの残高スライドリボルビング方式について詳しく解説していきます。



残高スライドリボルビング方式とは・・・

クレジットカードとカードローンで使われるリボルビング払いは少し違いがあります。クレジットカードのリボルビング払いとは、毎月一定額が口座から引き落とされる返済方法です。

一方、多くのカードローン会社で採用されているリボルビング払いはカードローンの返済方法の項目に「残高スライドリボルビング方式」などと記載されていることが多いです。

正式には「元利定額残高スライドリボルビング方式」といって、元金と利息を合計した毎月の支払金額が決定します。つまり、キャッシングの利用残高に応じて支払い金額が変動する返済方式です。

例えば、追加でキャッシングを利用したり、毎月の返済額以外に臨時で返済することで、利用残高が変動することで、毎月の返済額も同様に変動します。


残高スライドリボルビング方式



残高スライドリボルビング方式のメリット

1)最少返済額によってゆとりある返済が可能
利用残高毎に最少返済額が設定されていて、返済計画が立てやすいというメリットがあります。その結果、無理のない範囲内で計画的に返済していくことができます。

2)臨時の返済で早期完済が可能
最少返済額を返済していく以外に臨時で追加の返済をすることができます。臨時の返済をすることで元金を早期に減少させることが可能になります。



残高スライドリボルビング方式のデメリット

1)最少返済額のみの返済による長期化
借入金額ごとに最少返済額(ミニマムペイメント)が設定されていて、その金額を支払えば問題ないのですが、設定されている最少返済額のみ支払っていると、なかなか元金が減らずに長期的に返済を続けなければいけなくなる点です。特に高額のキャッシング利用をする場合には注意しなければいけない点です。

2)追加のキャッシングで負担が増大
カードローンの場合には借入限度額の範囲内なら何度も借り入れをすることができます。その利便性に任せて、頻繁に借り入れをしていると、元金がどんどん膨らみ、返済しなければいけない金額も増加してしまう恐れがあります。


残高スライドリボルビング方式



賢く残高スライドリボルビング方式を利用しよう

残高スライドリボルビング方式で返済していく際には、上記のメリットとデメリットを考慮して、最少返済額だけの返済ではなく、積極的に臨時で追加の返済をしていくことをお勧めします。

元金を早期に減らす努力をすることで、結果的に金利負担も軽減することが可能になります。キャッシングを利用した場合には日常生活に支障がない程度に毎月の収入を返済に充てるようにしましょう^^






関連記事

Twitter

ページ上部へ戻る