記事の詳細

カードローンを申し込む際には無理のない返済計画を立てることが大切です。返済期間を短くすればするほど、それだけ利息を支払う必要がなくなり、トータルで見れば安く済みます。

しかし、カードローンで生活を楽にしようと考えて利用していても返済額を増やして毎月の生活がキツくなるのは本末転倒ですよね?



理想的な返済金額とは?

一般的に収入の約25パーセントまでに借入額を設定するのが無理のない毎月の返済金額だといわれています。

しかし、これはあくまで目安です。例えば、毎月100万円の収入がある方と毎月20万円の収入がある方が同じように25パーセントの数値で設定しても、両者の返済額における負担は大きく違ってきます。

毎月の収入から家賃や光熱費などの必要な支出を差し引いた金額の25パーセント以内に返済額を設定する方がより安全に無理がなくカードローンを利用できると思います。





返済シミュレーションを活用しよう

また、最近では各カードローン商品の公式サイトで返済シミュレーションを利用することができます。その返済シミュレーションでは、あなたが借り入れる金額や返済期間を入力するだけで、毎月返済する最小金額を即座に表示してくれます。

各カードローン会社で返済方法は異なります。まずは利用するカードローン会社の返済方法を確認して返済額を考えていきます。

そして毎月の収入と支出を考慮して問題なく返済できるかどうかを分析してみましょう。何も問題がないと判断できた時にカードローンを申し込むようにすることが理想的なお金の借り方(キャッシング)と言えます。


返済シミュレーション
(楽天銀行スーパーローンの返済シミュレーション)




自分自身の生活スタイルを熟知する

理想的な返済計画は無理をしない範囲内で、できる限り返済期間を短期間に抑えるように心がけましょう。理想的な返済額を知るためには、何よりも自分自身の日頃の生活スタイルを知ることが大切ですね!

あなたの理想的な返済金額はいくらですか?


返済計画




関連記事

Twitter

ページ上部へ戻る